次世代に求める住宅とは?

東京都住宅マスタープランと連動“東京のこれからの家”を発信

近年では省エネルギーの技術が日々進歩する一方で、日々の生活において利便の向上、快適さ、豊かさなどライフスタイルの変化に伴い、エネルギー消費量が増えている傾向にあります。

そのような背景のもと、国の政策でより低炭素社会を推進するため 「2020年までに、一次エネルギー消費量がネット(正味)で概ねゼロとなるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)を、標準的な新築住宅とする」ことを掲げています。

2020年までに、標準的な新築住宅にネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを実現し、2030年までには新築住宅の平均でネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを実現することを目指しております。

東京都住宅マスタープランと連動する“東京都新宿 住宅展示場”には、いつでも気軽に次世代の住まいをご体験できるモデルハウスがご見学頂けます。

モデルハウスで採用しているハウスメーカー

ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援制度

建築主や所有者の方にネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの普及に向け、補助制度を設けております。補助制度を利用するには、要件を満たす必要があります。

一般社団法人 環境共創イニシアチブ、一般社団法人 環境共生住宅推進協議会の共同事業である“ゼロ・エネルギー化推進室”のホームページをご覧ください。

ALL HOUSE MAKER

  • 旭化成ヘーベルハウス
  • 一条工務店
  • 木下工務店
  • 住友不動産
  • 住友林業
  • セキスイハイム
  • 積水ハウス
  • 大成建設ハウジング
  • 大和ハウス
  • 大和ハウス
  • パナホーム
  • ミサワホーム
  • 三井ホーム